失った歯を補いたい失った歯を補いたい

歯を失ってしまったときには、インプラント、ブリッジ、入れ歯という3つの治療法を選択することができます。

インプラントインプラント

インプラント治療とは、歯を失ってしまったときに、顎の骨に純チタン製の人工歯根を埋め、そのうえに人工の歯を装着することで、本来の噛む機能を回復させる治療法です。外見もまるでご自分の歯のように自然に仕上がります。

詳しくはこちら

ブリッジブリッジ

ブリッジとは、歯を失ってしまった部位の両隣の歯を削り、それらを支えとして橋を渡すように、数歯が繋がった人工の歯(ブリッジ)を被せる治療法です。
当クリニックでは、セラミックを使用したブリッジ治療を行っています。セラミックを用いることで、ほぼ天然歯と同じ見た目と噛み心地を再現することができます。

入れ歯入れ歯

入れ歯には、使用する素材や設計によって、金属床義歯、ノンクラスプデンチャー、インプラントオーバーデンチャーなど、さまざまな種類があります。

入れ歯入れ歯

金属床義歯金属床義歯

金属床義歯とは、歯肉に触れる部分が金属でできている入れ歯です。金属は熱を伝えるため、食べ物の温度を感じやすいという特徴を持っています。また、薄く作ることができるため、違和感も少なくすることができます。

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー

クラスプという、入れ歯を固定するための金属のバネがなく、見た目が美しい部分入れ歯です。入れ歯であることを気付かれることなく使用することができます。
噛み心地や強度上、常時使用するのには向いておらず、お出かけ用、もしくはスペア(予備)としてのご利用をおすすめしています。

インプラントオーバーデンチャーインプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、数本のインプラントで入れ歯をしっかりと固定する方法です。入れ歯をインプラントで固定することで、使用中に外れることがなく、強く噛むことができるようになります。入れ歯の固定方式には、ボールタイプ、バータイプ、マグネットタイプなど、さまざまな種類があります。


インプラント ブリッジ 入れ歯
インプラント インプラント 画像 ブリッジ ブリッジ 画像 入れ歯 入れ歯 画像
メリット インプラント ・自分の歯と同じ感覚で噛むことができる
・天然歯のようにキレイで美しい。
・隣接歯を傷付けることなく、残った歯への負担も少ない。その結果、連鎖的な欠損を避けることができる。
・顎の骨が退縮するのを防ぐことができる
ブリッジ ・固定式のため、違和感が少ない。
・セラミックのブリッジにすれば、天然歯のようにキレイで美しい。
・治療期間が短い。
入れ歯 ・治療が簡単で短期間で終わらせることができる。
・治療費を抑えることができる。
デメリット インプラント ・簡単な外科手術が必要となる。
・治癒期間が長くなるケースがある。
ブリッジ ・両隣の健康な歯を削る必要がある。
・ブリッジを支える歯に大きな負担がかかり、連鎖的な欠損のリスクがある。
・欠損部の顎の骨が退縮するリスクがある。
入れ歯 ・入れ歯を支える金属のバネ(クラスプ)が見える。
・違和感がある。
・硬い食べ物を噛めないことがある。
・外れてしまうことがある。
・欠損部の顎の骨が退縮するリスクがある。

当クリニックでは、それぞれの治療法のメリットとデメリットを踏まえて、最適な治療計画を立案していきます。

肌と歯のクリニック東京ベイ幕張肌と歯のクリニック東京ベイ幕張

平日 10:30〜13:00 15:00〜19:30
土曜 10:30〜13:00 15:00〜17:00
〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野2-3
アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>セントラルタワー2F

お問い合わせ・ご質問・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご質問・ご相談はこちら 043-386-9138

WEB診療予約

無料メール相談

TEL